アーカイブ: 2010年12月

2010年の反省と2011年の抱負

2010年も残すところあと4時間ほどになりました。

今年もいろいろあったので、2010年の振り返りと2011年の抱負をブログにまとめようと思います。

2010年の振り返り

1、1月〜7月

デザイン・コーディング・プログラムおよびウェブプロモーションの管理など、いろいろやっていた昨年に嫌気がさし、プログラム一本にしぼることを決めて作業を進めた半年間でした。

Javascriptでカンタンなアプリケーションを作ったり、CakePHPを使ってアプリケーションサイトを作ったりしたりなどをしていたのですが、結果的に「勉強」がメインのまま過ごしてしまい、「成果物」を出していないというあんまりよろしくない感じになってしまいました。
まぁ、なんか頑張っていたわりにはうまいこといかなかった半年間になってしまい、とても時間の無駄でした。

成果:Javascriptの概要理解、CakePHPの使い方理解
反省点:マジメに勉強ばかりしてしまい、成果物を残さなかった。
来年の対策:実戦に勝る修行はない、成果物こそが真の価値である。勉強は70%で切り上げ、あとは実戦で身につけるようにする。

2、8月〜11月

iphoneアプリを作るべく、Macbookを購入して勉強開始しました。
最初の1ヶ月は仕事が忙しくて放置してしまったので、実質的には9月末〜11月ですね。上半期の反省を活かして、成果を上げることに注力しました。そのおかげでアプリ2つを作業日数2日で完成しリリースできました。反面Object-Cの理解はチンプンカンプンという状態ですが、まぁ修行ばかりして何もリリースできていないよりも1000倍良いですね。

9月にあいづちん、あいづちん plus、10月にDance Sounds、Dance Sounds liteをリリースしました。

各アプリのダウンロード数は以下のとおりです。

○あいづちん
料金:無料
ダウンロード数(約3ヶ月間):約20000DL
広告:有り

○あいづちん plus
料金:有料→無料
ダウンロード数(約3ヶ月間):約6600DL(有料約200DL)
広告:有り

○Dance Sounds
料金:有料(100円)
ダウンロード数(約2ヶ月間):約120DL
広告:無し

○Dance Sounds Lite
料金:無料
ダウンロード数(約2ヶ月間):約2000DL
広告:有り

時間をかけて作ったDance Soundsシリーズよりもあいづちんシリーズの方が圧倒的にダウンロードされているのがショックでしたが、その経験で「ダウンロードされるiphoneアプリ」のノウハウをかなり得ることができました。
Admob広告を表示させるのにとても苦労しました。。。

成果:iphoneアプリ4本リリース
反省点:Object-Cの理解不足。
来年の対策:Object-Cの理解を追求し、さらに深い機能を使ったアプリをリリースする。昨年の失敗により得たノウハウを活かし、ダウンロードされるアプリを意識する

2、12月

本当は「12月中に3本iphoneアプリをリリースする」と意気込んでいたのですが、11月中旬よりある会社にてjavaを学ぶことが決まり、1ヶ月半の間javaを勉強しました。
理系からプログラマーになって第一線で働いているSEの方たちの中での勉強だったため、正直ついていくのが精一杯でした。まわりの人にとっては暗黙値の前提も私にとってはそうではなく、一からの出発に近くヒーヒーでした。

しかし、ようやくオブジェクト指向をしっかり理解できたので、非常に意義深い経験でした。
また、自分の特性というか・・・性格についても再認識できるよい機会でした。

成果:特になし
反省点:努力の不足、javaへの生理的アレルギー
来年の対策:javaはやらない。

3、1年間をとおして

前半は「勉強だけで成果なし」で、後半は「とにかく成果物を出す」という、極端な1年間でした。
しかし、実戦で学んだ知識・ノウハウは自分の血肉になるので、来年も成果物をメインの指標として取り組んでいこうと思います。

また、モチベーションを持続させるため、自分の気持ちに正直にいきつつ、80%の努力でもいいので常に努力を持続させるようにしたいです。

2011年の抱負

○健康

今年はまったく運動をしない1年でした。1回だけ空手の見学にいったんですけれど、吐きそうになったのでやめました。
海底の貝殻のような生活をしている私は激しい運動をやる前に、まずは少しずつ出来ることから始めた方がよさそうです。

 → 毎週日曜日に運動をする。スーパースポーツマンの奥さんに一緒に付き合ってもらおうっと。
 → あえて目標の数値化はなし。継続した後に目標設定。

○精神

「あんたの趣味は生き悩みやな〜」と奥さんに言われるほど、今年は生き悩んでばっかでした。
来年は悩まず怒らず、ポジティブを心がけようと思います。

 → 悩んでもポジティブ。牛乳としらす干しで余裕のある心をw
 → 自分以外の人間は関係ない。まわりの情報に精神を左右されずに行動する

○教養

最近、プログラム関連以外の本を全く読んでいなかったので、2011年はちゃんと教養を高めようと思います。

 → 1週間に1冊本を読む。アウトプットをブログに書く。

○プライベート(家庭)

 → 女性は体と感情の生き物。感情をコントロールできないときもある、ということを肝に銘じる。
 → 来年の7月に向けて早いうちから取り組む。
 → 毎朝7時置き、12時就寝
 → 2日に1回なんかしらのブログを更新

○仕事

 → iphoneアプリを年間40本リリースする。
 → 次の日の予定は必ず前日に手帳に書く
 → 次の週の予定は必ず週末に手帳に書く
 → 会社所有のiphoneアプリ10本

○お金

 → 秘密。

○来年の合い言葉

 → 一点。(一点集中、一点突破)

それではみなさま、来年も良い年でありますように。
交通事故にお気をつけて、元気に過ごしましょう。

WordPressのUltimate Google Analyticsでログが取れない場合の解決方法

WordPressにGoogle Analyticsのタグを埋め込むためのプラグインはいくつかありますが、私はいつもUltimate Google Analyticsを使っています。

先日、私の管理しているサイトの一部のシステムをWordpressを使ってCMS化していたので、そちらにUltimate Google Analyticsを入れました。
しかし、Google Analyticsにログインして解析結果を見てみても、ログが取れていませんでした。

そんな、「プラグイン入れたのにログが取れないよぉ!」と、同様の問題でお困り場合の解決策(チェック項目)を下記に記しておきます。

チェック1、プラグインを有効にしてる?

そもそも、Wordpressにインストールしたプラグインは、設定画面でプラグインを有効にしないと動作しません。
インストールしたら忘れずに有効にしましょう。

チェック2、Ultimate Google Analyticsにタグを設定した?

Ultimate Google Analyticsを有効にしたら、管理画面の左メニューから「Ultimate GA」を選択し、その画面で自分のGoogle Analyticsのタグのキーを入力しなくてはいけません。

設定画面で「UA-XXXXXXXXX」みたいになっているところに、Google Analyticsのタグの「UA-1234567(人によって数字は異なります)」をコピペしましょう。
コピペしたら、ページ下の「Update Option」をクリックして保存するのを忘れずに。

チェック3、wp_head();とwp_footer();タグはちゃんと入ってる?

プラグインの中には、wp_head();とwp_footer();というタグがないと動かないものが多くあります。
wp_head();は</head>の直前に、wp_footer();は</body>の直前に貼りつけてあげましょう。

WordPressをブログとして使っている場合は大体誰かの作ったテンプレートを忘れないと思いますが、
クライアントのサイトの一部をCMS化する場合などは忘れがちなので注意です。

チェック4、footer.phpを用意してる?

最大の見落としポイントですが、Ultimate Google AnalyticsはWordpressのテンプレートのfooter.phpを読み込まないと動きません。
つまり、footer.phpにwp_footer();や</body>タグを記載し、そのfooter.phpをメインのテンプレート下部で読み込む、というようにするわけです。

めんどくさかったら、wp_footer();と</body>と</html>だけ外部読み込みにするだけでもOKということです。

本体のテンプレート

//本体のソース(index.phpなど)のソース最下部
<?php get_footer(); ?>

footer.php

<?php
	wp_footer();
?>
</body>
</html>

これだけやれば、きっとタグが表示されるはずです。

それでもソースの下部にGoogle Analyticsのタグが表示されず、かつ意味不明な英語がソースのヘッダー部分に記載されていた場合、
それはユーザー(あなた)がそのページのWordpressアカウントにログインしているからです。

Ultimate Google Analyticsは頭がいいので、そのサイトの管理者はアクセスログに含めないよう、ログインユーザーがアクセスした場合はタグを書き出さないようにしてくれるのです。

というわけで、その場合は心配ご無用で、Wordpressからログアウトすれば無事にタグが表示されるはずです。

では。