アプリであそぼう。こどもも、おとなも。

さくらインターネットでCakePHPを使っている場合の文字化けを直す方法

また更新を1ヵ月も止めてしまいました。

飽きっぽいのが悪い癖です。これからはちょっとしたことでもいいから、ちゃんと更新できるようにがんばります。
目指せ1日1記事!

「目指せ」とか言ってる時点で望み薄ですねw

今回はCakePHPです。最近仕事でCakePHPやWordPressを使って情報サイトを作ったので、その辺の更新が増えるかも、です。

ここから本題です。

さくらインターネットのサーバーはMysqlの文字コードがEUC-JPのため、普通にCakePHPを使うと文字化けしてしまいます。
そんな時は、app/config/database.phpの中で下記のように指定してあげれば文字化けが直ります。

’encoding’ => ‘utf8′;

上記の「utf-8」のところはあなたの環境に合わせて変えてください。Shift-jisを使っている場合は「Shift-jis」に変えてね。

もう文字コードはUTF-8が基本になっているような気がしますが、さくらインターネットはEUC-JPが基本なので最初はいろいろと手間取りますね。
次回はさくらインターネットのサーバーを契約しているけれど、CakePHPでなく普通にPHPベタ書きでデータベースからデータを抽出したときに文字化けしたときの対処法を説明します。


ではまた。