Appleの規約変更により、Flashでiphoneアプリ開発可能に?

タイトルのとおりですが、本日Appleがiphoneアプリに関する規約のいくつかを変更したと発表しました。

その中でもっとも注目を浴びている変更が、「iphoneアプリを制作するのに、Object-C以外でも開発が可能になった」ということです。

これにより、AdobeのCS5のFlashを使って、Flashアプリをiphoneアプリ用に変換することが可能になった可能性があります。

■Flashを変換してiphoneアプリを作ることへの注意点

注意点① 外部コードをダウンロードするものはダメ。
この理論でいえば、WebサイトにFlashを貼るのはNGですね。iphoneの電話帳やその他データをダウンロードするのは可能なのでしょうか?

注意点② 変換はできるけど、やっぱりmacは必要
申請にはintelが入っているmacが必要なので、「わーいこれでWindowsでiphoneアプリ開発できるw」というわけではないと思われます。

さて、ここで注目なのが、「なんであれほどまでにFlashを毛嫌いしていたのに、急に譲歩した??」ということ。

以下は完全に私の個人的な予想ですが、こんな感じかと。

■今回のAppleの決断の理由(個人的な推測)

理由(推測)① 独禁法に対する対策
Adobeに訴えられそうになったり(結局訴えられたんだっけ?)した経緯もあったことですし、独禁法で裁判とか面倒なので手をうっておくか、みたいな。

理由(推測)② 単純に売り上げ増加
Flashで作ったアプリを変換しても、結局はmacが必要なので、そこでハード代がかかります。そして、Flash使い達によりアプリがさらに充実すれば、必然的に売り上げはAppleに入ります。
Flashを参入させるといっても、外部コードをダウンロードするものはダメなので、Appleからすると売り上げ的にはいいことだらけ。
(外部コードをダウンロード可能になるとitunes通さなくてもFlash使い放題になるので、アプリの存在価値自体が薄れ、売り上げに多大な悪影響が予想される)

androidのシェアも伸びてきているので、あんまりあぐら書いてもいられなくなった。なんて。

ちょー浅はかですが、私に推測できるのはこのくらいです。
仮にAppleが本気でAdobeをつぶすつもりで、今回のリリースはその序章、なんて裏があったら最高すぎるのですが。

んで、以下私の意見。個人的な意見。怒り。

■あんだけFlashを批判し、HTML5推進しといてなにやってんの?

「FlashはWebの進化を止める」みたいなこと言ってたジョブスさん。全く賛成です。Web上のリッチコンテンツをAdobeの技術で独占されていて、かつその中身(swfファイル)が解析できない仕様になっているなんて、オープンじゃないし応用が利かなすぎる。

だから、私はFlashは「なくならないけれども、シェアが激減する」ことが自然だと思っています。

基本的なリッチコンテンツはHTML5+JavaScript+CSS3で行い、もっともっと動画色(アニメみたいな)ものはFlashで行う方がラク。みたいな結果が適切かなと思っているのです。

んで、そのFlashを縮小してHTML5を進めようって旗ふってたのがMozillaとAppleなのに(オペラもだっけ?)、あんたなにしてくれてんねん!
もしも上記の【理由(推測)② 単純に売り上げ増加】が本意だとしたら、なんと自分勝手な。
たしかにブラウザではFlash見れないよ?見れないけどさ、そうじゃなくてさ、なにFlash応援してんだぃ。

■今までのiphoneアプリ制作者が泣いてるぜよ。というか勉強したてのボクが。

Flashを排除して、HTML5を進めて、そんなAppleさんの男気を信頼してさ。

そんでわざわざWindowsユーザーの私がmacbook pro買ってさ、意味不明な独自言語のObject-Cをセコセコ覚えるわけじゃんよ。
それもこれも「iphoneアプリを作るためにはこの言語を覚えなくちゃいけない!」という背景があるからじゃん。

それは、Flashを排除する旗振りしてたAppleさんの姿勢があったからじゃんよ。

これが「えーっとそのうちFlashでも作れるようになるかもです。。。」だったら気合入れて応用の利かない言語なんて覚えないよw

みんな(私だけかもしれませんが。。。)Appleを信じてこの道に乗っかったってのに、ある日いきなり「やっぱやーめた」はないだろうよww

完全に裏切られた気分だぜ。


■まとめ

以上、本日発表されたことのまとめと私の怒りをぶちまけましたが、実際はAdobeのFlashツールの利用可否についてのAppleの正式声明はまだ発表されておりません。

しかし、わざわざ今回のような声明を発表したことから、Flashツールで変換したアプリが利用可能なのはほぼ間違いないと思います。
(Adobeの株価も今回のニュースで13%くらい上昇したらしい)

願わくば、Appleには目先の売り上げとかを優先するのではなく、「HTML5を推進する」、というWeb全体の流れに責任をもって取り組んでほしいです。


簡単にいうとFlashもっと排除して。みたいな。

関連する記事


Fatal error: Call to undefined function similar_posts() in /home/sites/heteml/users/p/e/n/pencoro/web/picxpic.com/wp-content/themes/neutral/single.php on line 38