iphoneアプリ作るときに便利なサイトまとめ

iphoneアプリ第3弾をただいま作成中です。

約2週間前から作業開始したのですが、その途端に仕事やその他プライベートが猛烈に忙しくなり、実質2日くらいしか作業時間がとれず、ようやくデザインが完成した段階です。

さて、今回は「iphoneアプリを作りたい!でもどうすればいいの?」という方に、初めてiphoneアプリを作るときに便利なサイトをまとめたいと思います。


1、iphoneアプリの作り方を覚える!

なにはともあれまずはこのサイトです。サルにもできるiPhoneアプリの作り方

iphoneアプリ作成に必要なもの、知識、効率のよい進め方などが、これでもかというほど分かり易く説明してあります。感謝です。


2、iphoneアプリを実機に登録する!

なんとiphoneアプリは、自分のiphoneに入れるだけでもかなり手間がかかります。最初はここで泣きそうになるくらいの覚悟が必要です。
そんなあなたに、こちらのサイトを!EZ-NET 登録レポート: 開発機として使用する iPhone 実機を登録する

とりあえず書いてあるとおりにすれば問題ないはずです。


3、iphoneアプリをitunesに公開する!

さて、ようやく公開だ、あ~つかれた!と思ったとき、公開の手順も泣きそうになるくらい手間がかかります。慣れるとラクになりますが。
とりあえずこのサイトを見てやりゃあ問題ないはずです。目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

実はちょっと情報が古いので現状とは違う部分もありますが、そこらへんは調べましょう。まぁ調べなくてもノリでいけます。


4、その他

さて、なんど上記3サイトだけ見ればiphoneアプリが作れるというナイスな状況ですが、iphoneアプリには意外な落とし穴がたくさんあります。
よくひっかかる落とし穴を、というか私がひっかかった落とし穴をいくつか紹介します。

1、対応OSの部分をiphone3.0に変更しよう。

なんにも気にせずそのままリリースすると、iphone OS4の人しかダウンロードできなくなります。これは、iphoneアプリの設定で「対応OSを4.xx以上」とデフォルトでなっているからです。
これを変更するには、Xcodeのなんたら.plistの「OS」みたいに書いてあるところで、「iphone OS 3」みたいな感じのを選択できるので、そちらに変えてあげましょう。

2、日本語名のアプリは、ローカライズして英語版の情報を作ってあげよう

たとえば、「えっちなアプリ」みたいなタイトルのアプリがあるとして、アメリカに住んでいるアンダーソンさんはそれをみても「ワット?」な感じなわけです。日本語のタイトルなので。
itunes connectの設定で「manage localizations」みたいなボタンがあるので、そこで英語版のタイトルと説明文などを書いてあげましょう。

たぶん海外のitunesでは英語版のタイトルで表示される、はず。


なんか他にもたくさんあったけど、1ヶ月ぶりなので忘れてしまいました。思い出したら追記します。

というか眠くてねむくて。。。

関連する記事


Fatal error: Call to undefined function similar_posts() in /home/sites/heteml/users/p/e/n/pencoro/web/picxpic.com/wp-content/themes/neutral/single.php on line 38