アプリであそぼう。こどもも、おとなも。

横向きのiphoneアプリの作り方

今回は横向きアプリの作り方をご紹介します。

ゲームとかでよくある横向きアプリですが、いざ作ろうとしてみると「どこを設定すればいいの?」という感じで最初はハマると思いますので、
そんなあなたの助けになれば幸いです。

設定自体はチョー簡単なので、心配ご無用です。一度やっちゃえば次回は1分。

1、あなたのプロジェクトの「○○○.info.plist」をいじる

○○○.info.plistの表の最後に項目を追加し、「UIInterfaceOrientation」みたいなのを選択します。
そしてその項目の右の欄で、「UIInterfaceOrientationLandscapeRight」を選択します。

2、メインのなんたらViewController.mをいじる

ルートになる、まぁ一番メインの(デリゲートでない)ViewController.mをひらきます。

どこかに「// Override to allow orientations other than the default portrait orientation.」と書いてあって、
そのあたりが「/*」と「*/」でコメントアウトされているので、「/*」と「*/」を削除してコメントアウトをはずします。

そして、そのコメントアウトじゃなくなったソースの中の
return (interfaceOrientation == UIInterfaceOrientationPortrait);

return (interfaceOrientation == UIInterfaceOrientationLandscapeRight);
に変更します。

3、Interface builderの向きを変える

一部のテンプレートではこれだけでは横向きにならないそうですが、まぁ大体これだけでだいじょぶです。
最後に、Interface builderの向きを変えて作業しやすくします。

Xcodeで「○○○ViewController.xib」を開き、アプリの画面が表示されてるウィンドゥ(View)の右上の矢印をクリックします。

これでくるんと画面が回転するはずです。

おわり

iphoneアプリはちょっとしたことをするのでも、「どうすればいいかさっぱりわからない」ということが多くて大変ですね。

でも、わかっちゃえば簡単簡単。

「簡単なんだよこんなの~♪」を合言葉に、くじけずいっしょに楽しみながらつくっていきましょう。

それではまた。