描くたび音が鳴る虹色お絵かきアプリ「音DEレインボー」がAppBankさまで紹介されました



昨日、AppBankさまに音DEレインボーが紹介されました。AppBankさま、ご紹介ありがとうございます。

音DEレインボーとは
無料の子供向けiPhoneアプリです。描くたびに可愛い音が出る、きれいで楽しいお絵描きアプリです。
虹色のペンやきれいなスタンプがたくさん用意されており、描くたびピコピコ♪やキラキラ♪と音が鳴ります☆
小さなお子さまがいるパパママは、ぜひダウンロードしてみてください。

なお、実際に使ってみたデモ動画が下記にありますので、アプリをダウンロードしようとしている方や、記事で紹介されている「ポワワワワァ~ン」とか、「バイーン」などの音を聞いてみたい方は下記を覧くださいませ。

なお、最近音DEレインボーでペンギンやウサギ描いてみました。

ペンギン。

ウサギ。

というわけで、小さなお子様が喜びそうな音DEレインボー。無料ですのでよろければダウンロードしてみてください。

なお、iPad用の音DEレインボーfor iPadもあります。iPadは画面サイズが大きいので、ペンやスタンプの太さを変える機能もついています。
音DEレインボーfor iPadで描いたアンパンマンがこちら。なんというか大迫力。

音DEレインボーfor iPadのダウンロードはこちら。

iPhoneを使う手は右手?左手?100人を調査してみた


iPhoneという小さなデバイスを快適に操作させるためには、ユーザーの状況や目的、人間工学に基づいたアプリの設計が必要になると実感し、とても勉強になることばかりです。

そうしてしばらく読んでいる中で、ふと気になった点がありました。

右手使いの人(ユーザーの約85%から90%)に対して最適化すると、左手使いの人に対しては使いにくくしていることになります

あれ?私はiPhoneを左手で使うんだけれど、ということは私は残り15%~10%の少数派なのだろうか?
ユーザーがみな右手で使っているにも関わらず私が左手で使っていては、ユーザーの使い勝手を実感することができません。これではいかん。

しかし、当たり前のように左手でiPhoneを使っていた私としては、とつぜん「おまえは社会の少数派だ!」という事実を受け入れ難く、

ちょっと街で調査してみました。

調査の内容

  • 街で目にとまったiPhoneユーザーがどちらの手でiPhoneを操作しているかをチェック。
  • 男女年齢問わず。とにかく目にとまった順にカタッパシ。
  • iPhoneを手に掴んでいるだけの人はカウントしない。あくまでも「操作している」ことが必須条件
  • 対象人数は100人。

調査といえばカッコイイですが、実際は会社がえりにキョロキョロしながらメモするだけです。

結果発表

というわけで道や電車内で周りをキョロキョロする不審な行動を2日間行い、なんとか「この人さっきから怪しいです。」と通報される前に調査を完了。

その結果は下記のとおりでした。

右手でiPhone使ってる人
57人

左手でiPhone使ってる人
22人

両手でiPhone使ってる人(左手でiPhoneを支えて右手で操作)
21人

うーん・・・

まとめると、基本的にはやはり右手ユーザーが多いが、左手ユーザーも思ったよりいるという感じです。

左手の割合が予想より多かったのは、お国柄かなんかでしょうかね。まぁ調査人数が100人しか見ていないのでブレは大きいかもしれませんけどね。

しかし、全体を通してやはり右手使いユーザーの方が倍以上多いため、オライリー本の通り基本は右手使いをターゲットとして設計することで間違いなさそうです。(もちろん、それぞれのアプリの特性によりますが。)

特筆すべきことがあるとすれば、両手使いのユーザーの存在でしょうか。

両手でiPhoneを操作しているユーザー21人のうち実に20人が女性でした。

そのうち一人になぜ両手で使っているのかアンケートを取ってみたところ(僕の奥さんですが)、「手が小さいから片手じゃ指が届きにくい」と「重たいから両手じゃないとうまく支えられない」とのことでした。なるほど。

確かに男性と女性の手のサイズはだいぶ違うため、そのあたりで操作性も変わってくるのかもしれません。

特に赤ん坊や幼児向けの知育アプリなどは、幼児が両手で持つ以外にも「お母さんが支えて赤ん坊がタップする」、もしくは「地面や机にiPhoneを置いて、赤ん坊がタップする」という私用状況が推測されるので、通常の「片手で使う」という意識とは程遠い設計が必要になるわけですね。

右手か左手か、という調査の結果自体はあまりパッとしませんでしたが、両手持ちの女性の存在を知ることで「ユーザーがどのような状況でiPhoneやを使っているか具体的に知ること」の重要さを実感しました。

そんなわけで、ユーザーとって使いやすい、「タップさせるだけの価値のあるアプリ」を作るための極意が描かれているiPhoneアプリ設計の極意 ―思わずタップしたくなるアプリのデザイン
、まだ3分の1くらいまでしか読めていませんが、オススメです。

iPhoneの画面が割れたので修理に出してみた

なぜか今日、私の愛するiPhoneが上のように悲しい姿になってしまいました。

まぁ、私がiPhoneを頑強なコンクリートに落としてしまったことが原因でございます。
いままで30回くらい落としても全然平気な顔をしていたiPhoneくんでしたが、やはりガラス面からの落下では受身も取れなかったようす。

しゃーないので、Appleに修理を頼もうかと思ったのですが、調べてみるとApple以外の修理屋さんに頼むとAppleにたのむよりずっと安くてすむとのこと。それはすばらしい。

というわけでいってきました。

今回いってきたのは あいらぼ 明大前店さん

明大前から徒歩5圏内にあるお店でした。iPhoneの状態を見てもらうと、なんと30分で修理完了するらしい。しかも、液晶フィルムをプラス400円(女性は無料キャンペーン中)で貼ってくれるとのこと!

30分なんで明大前駅前のスターバックスでちょちょっと休憩すれば経っちゃうでしょう。

しばらく緑色の液体を飲むことにする。

「トールエキストラホイップマッチャクリームフラペチーノ~!」。

ハリーポッターに出てくる魔法みたい。

「トールエキストラホイップマッチャクリームフラペチノーサ!!!」。

そして再度あいらぼさんへ訪問。

もどってきたのが、これ。

おぉ!!!よみがえった!

新品みたい。

ヒビ割れが特にひどかった左下の部分もホレこのとうり!

液晶フィルムも貼ってるかどうかわからないくらいの完璧な仕上がり!うーんステキ。
お値段は液晶フィルムと合わせて9400円、Appleに頼むと3万円近くかかるらしいので、とってもお得ですね!

Androidやガラパゴス携帯などはメーカーごとに画面サイズやその他部品が異なるので修理も大変ですが、iPhoneはiPhone3GS(3G)、4と現状2種類しかないので、そういった面からもコストを下げることができるのかもしれませんね。

なんにせよ安く復活できてよかったです。

AdwhirlのadWhirlDidReceiveAdはCustom Eventには効かない?



Adwhirlを入れてはや1ヶ月くらい経ちました。

現在入れているのはiAd、Admob、Admakerの3つですが、iAdはあまりにも効果が少なかったため、その分の通信時間がおしかったので非表示にしてあります。そのため実質AdmobとAdmakerの2つですね。

で、私は広告が表示されていないときは広告のビュー自体を透明化(なんたら.view.alpha = 0.0;)していて、広告を受信したタイミングで透明化をオフにしている(なんたら.view.alpha = 1.0;)のですが、なぜかAdmakerではこれがうまくいかない。Admobではちゃんと動いているのに。

というわけでいろいろ試してみたところ、広告が受信されたタイミングで実行されるAdwhrlの関数である「adWhirlDidReceiveAd」が、Admakerでは実行されていない感じでした。Admobではちゃんと実行されるので、もしかしたらユーザー側で追加した「Custom Event」では「adWhirlDidReceiveAd」関数は呼ばれないのかもしれません。

というわけでしょうがないから下記のようにAdmaker側の広告を受信したタイミングで実行される「didLodAdMakerView」関数の中で不透明化(なんたら.view.alpha = 1.0;)を実行させることで対応しました。

ソースの一部は下記のとおり。

- (void)viewDidLoad {
	[super viewDidLoad];	
	
	// 以下、Admaker-----------------
	AdMaker = [[AdMakerView alloc] init];
	[AdMaker setAdMakerDelegate:self];
	[AdMaker setFrame:CGRectMake(0, 0, 320, 50)];
	[AdMaker start];

	// 広告が受信されるまではAdmakerの広告枠自体を非表示
	AdMaker.view.alpha = 0.0;
	// 以上、Admaker-----------------
	
	//adwirl
	[super viewDidLoad];
	
	self.awView = [AdWhirlView requestAdWhirlViewWithDelegate:self];
	[self.view addSubview:awView];
	
	awView.frame = CGRectMake(0.0, self.view.frame.size.height - 
							   GAD_SIZE_320x50.height - 44,GAD_SIZE_320x50.width, GAD_SIZE_320x50.height);
	
	awView.delegate = self;
	awView.alpha = 0.0;	
}

// Adwhirl側の広告受信時に実行される関数
- (void)adWhirlDidReceiveAd:(AdWhirlView *)adWhirlView{
	// Admobは広告受信時のこの関数が実行されるが、Admakerはなぜか実行されない
	awView.alpha = 1.0;
}

// AdMaker側の広告受信時に実行される関数
- (void)didLoadAdMakerView:(AdMakerView*)view{
	// しょうがないのでAdmaker側に「awView.alpha = 1.0;」を追加
	AdMaker.view.alpha = 1.0;
	awView.alpha = 1.0;
}

AdwhirlにCustom EventとしてAdmakerを組み込む方法



前回の記事(iPhoneアプリにAdwhirlを設置してiAdとAdmobを切り替える方法)でAdwhirlにAdmobとiAdを組み込みました。

今回は、国内のスマートフォン広告の一つAdmakerをAdwhirlへ組み込む方法をご説明します。しかし、AdLantisやAMoAd、AppBank Networkなども同じ手順でできます。
なお、前回の記事で説明した内容を既に設定済みであることを前提に説明してありますので、まずは前回の記事をご覧ください。

1、Admakerにアプリの登録をする

まず、アプリをAdmakerに登録します。
AdmakerはAdmobと違い、アプリを登録をしてから審査があります。審査期間は長くて1週間くらいだったと思うので、なるべく早く済ましておきましょう。

2、Adwhirl管理画面でAdmakerをCustom Eventとして設定する

Adwhirlへログインし、Admakerを組み込みたいアプリを選択します。
アプリの管理画面が表示されるので、「Add Custom Event」を選択し、下記のように項目を入力してください。

Name:Admaker
Function Name:performEventAdMaker

3、Admakerの設定をする

AdmakerからダウンロードできるSDKの中にinstall.pdfという説明資料が入っているので、そちらを参考にコードやファイルを追加してください。

4、performEventAdMakerのコードを書く

下記のコードをビューコントローラーの.mにコピペしてください。

- (void)performEventAdMaker:(AdWhirlView *)adWhirlView {
   [AdMaker setFrame:kAdWhirlViewDefaultFrame];
   [adWhirlView replaceBannerViewWith:AdMaker.view];
}

5、Admakerのコードの一部を変更する

上記のperformEventAdMakerを使うことで、Adwhirl側で広告の表示を管理します。そのためAdmaker側の広告表示プログラムは使わないの下記の部分をコメントアウトします。


//広告の取得に成功
- (void)didLoadAdMakerView:(AdMakerView*)view {
// 下記をコメントアウトにする
//[self.view addSubview:AdMaker.view];
}

これですべての作業は完了です。

まとめ

ここではAdmakerを組み込みましたが、AdLantisやAppBank Network、AMoAdなども同じような感じでいけますので、もしそちらも組み込みたい場合はやってみてください。
広告ネットワークの比較はこちらの記事で紹介しています。

なお、上記のAdmakerをAdwhirlに組み込む方法は、パンダアプリなどの人気アプリを開発されているムラモトタケシ様から教えて頂いた内容を私の方で少し改変したものです(AdmakerSDKがバージョンアップしたため改変が必要になった)。

ムラモト様、とても親切に教えていただき本当にありがとうございました!ムラモト様の開発された人気楽器アプリ「パンダピアノ」やパズルアプリ「iMake10」などはこちら

※なお、ムラモト様に教えて頂いた時点で問題なくAdmakerの表示が確認できているため、今回の記事で紹介したコードを試してAdmakerが表示されない場合、完全に私のミスです。

もし表示されない場合はご連絡くださいませ。

プロフィール

PICxPIC
1983年生まれ。2010年からiOSアプリを開発し、2012年に法人化。メディア掲載やランキング、ダウンロード数などの詳しい実績などはこちら

PICxPICのアプリ

赤ちゃんの大冒険

おさるランド

動物オーケストラ2

子どもゲームランド

おしゃべりボタン

天空までのぼれ!

ジャンプで川下り

ひよこランド

動物オーケストラ

ポコポコアニマル

キラキラお絵かき

音が出るお絵かき

あいづちん