女の子が代わりにあいづちしてくれるiphoneアプリ「あいづちん」がリリースしました。

本日、初の自作iphoneアプリ「あいづちん」がリリースされました。
無料なので、とりあえず試しにダウンロードしちゃってはいかが!

ダウンロードはこちら
「あいづちん」のサポートページはこちら

■「あいづちん」とは

サポートページは別にありますので、詳細はそちらで書いてありますが、

簡単にいうと「あいづちん」はかわいい声の女の子が、あなたのかわりにあいづちを打ってくれるアプリです。
ボタンをクリックすると、ランダムで様々なあいづちがで鳴ります。

それだけーのシンプルなアプリです。

お母さんに台所からお使いを頼まれたときや、飲み会で同僚が発言した後に、
絶妙なタイミングで使えば、「ウザイw」と思われること間違いなしです!

まずはダウンロードしてみて、友人や家族に対してつかってみてくださいまし。
あんまりだったら消しちゃってくださいw

■「あいづちん」の画面

■あいづちんリリースまでの流れ

これからiphoneアプリをリリースする人に役立つかもしれないので、
初めてiphoneアプリを作り始めてからリリースまでの大体の流れを書いてみます。

○7月4日
macbook proと参考書を買ってきて、参考書にのってるサンプルを作ってみる。

○7月5日~8月17日
完全放置。 iphoneアプリというか、macbook自体を放置。ただ仕事に追われる。

○8月18日
自分がmacbookを持っていることを思い出し、もう一回参考書にのってるサンプルを作ってみる。

○8月19日
会社で仕事しながら「あいづちん」制作。プログラムの2倍くらいデザインに時間つかってしまった。
あーでもないこーでもない。

○8月20日
完成したのでitunes connectに申請。申請の仕方が7月に変わったということもあり、
この作業が一番難しかった気がする。しかも全部英語て。

○8月21~8月24日
itunes connectの「あいづちん」のステータス、ずっと「Waiting for Review」。
つまり、まだ見てすらいないということか。

○8月25日
ようやくステータスが「In Review」に! ワーオ!

○8月28日
ステータスが「Ready for Sale」に!ヤッホーィ!でも、Appleからメールが来た段階ではまだリリースされていなかった。

結果的に、itunes connectに申請してからリリースまではほぼ1週間だったということですね。
iphone 4が発売された当時は、こぞってアプリのバージョンアップが申請されたため、3ヶ月待ちなんてこともあったらしいです。

でも今は1週間~2週間を見ておけばよいのではないでしょうか。

なにはともあれ、無事リリースされてよかったです。。。みなさま、ぜひダウンロードしてください^^

ちなみに、機能を追加した「あいづちん」の有料(100円)バージョン、「あいづちん Plus」も現在審査中で、
近日リリースされますので、こちらもよろしくお願いします。

iOSアプリ「あいづちん」

こちらは自作iphoneアプリ「あいづちん」のサポートページです。

名称: あいづちん ver.1.1
URL: http://itunes.apple.com/jp/app/id388835174?mt=8%20#iTunes
料金: 無料

機能が追加された「あいづちんプラス」(無料)の方がいいアプリなので、
そちらをダウンロードされることをオススメします

■「あいづちん」とは

「あいづちん」はかわいい声の女の子が、あなたのかわりにあいづちを打ってくれるアプリです★
ボタンをクリックすると、あいづちがランダムで鳴ります。

お母さんに台所からお使いを頼まれたときや、飲み会で同僚が発言した後に、
絶妙なタイミングで使えば、ビックリさせたり、「ウザイw」と思われること間違いなしです!

■「あいづちん」の画面

■あいづちの種類

・了解でーす!
・オッケー!
・なんでやねーん!
・やったね!
・フーン
・ハイ!
・ざーんねん!
・もっとがんばろうね
・そっかー
・グレイト!
・それだけ?
・アァン・・・

■あいづちんで使用している音声について

あいづちんの音声は、ゲーム等に使えるフリー声素材配布ページ – あみたろの声素材工房様から
使用させて頂きました。

上記のサイトでは、幼い女の子の声を中心に、すさまじいバリエーションの音声をダウンロードできます。
どの音声も非常にクオリティが高く、良い音声素材を探しまわっていた私は非常に助かりました。

あみたろの声素材工房管理人様、本当にありがとうございます! m(_ _)m

なお、使用条件はこちらに記載されています

■その他

ご意見、ご要望、不具合等がございましたら、下のコメントよりご連絡よろしくお願いします。

iphoneアプリのビルド時に a valid provisioning profile matching the application’s Identifier みたいなエラーが出た時の解決法

久々にiphoneアプリ制作にトライしていたのですが、最後の最後でエラーが出て3時間くらいハマってしまいました。

iphone developcenter等への手続きをすべて終え、いざiphone実機へビルドしようとしたらこんなエラーがでました。

a valid provisioning profile matching the application’s Identifier ‘あなたのアプリのAppID’ could not be found

Google先生に聞いてみるといろいろな解決策が出てきたのですが、いろいろ試してもうまくいきませんでした。

そして3時間経過。

もう全てをあきらめて水死してやろうかとお風呂を沸かしていると、こんなサイトを発見。
iPhone デバイスでのビルド時にエラー(1) TAIZBOX

最後の頼みで試してみると、なんと無事にビルドされました!感謝ですTAIZBOX様!

理由は、Xcodeの「○○○-Info.plist」の「Bundle identifer」のところに入力するAppIDを自動生成される10桁の英数字を含めたものを入力してしまっていた、というものでした。

ここには自分で設定したAppIDだけを入力するようで、自動生成の10桁の英数字は入力してはいけないらしい。いやー、こんなところに落とし穴が。

私はこれで無事解決しましたが、別の原因で同じエラーが出る場合もあるようです。
そんなときは他のサイトをご覧ください。

http://iphone3gsmaster.blogspot.com/
http://ameblo.jp/micro-garden/entry-10324871784.html

では!

Twitter公式ツイートボタンをWordPressの記事一覧ページに貼る方法

本日Twitter公式ツイートボタンがリリースされ、早速導入してみた記事を前々回の記事で公開しました。

意外とシンプルながら目に付きやすく気に入ったのですが、WordPressに導入する際は注意が必要です。

ボタン作成ページ(http://twitter.com/goodies/tweetbutton)にて書き出されるタグは、WordPressのシングルページ(記事自体のページ)では有効ですが、一覧ページ(アーカイブ、検索結果、カテゴリページなど)では、各記事ごとのURLやタイトルは反映されず、その一覧ページのタイトルとURLが反映されてしまいます。

つまり、アーカイブページでは、各記事内のボタンをクリックしているにも関わらず、URLが「http://○○○○○○○.com?m=201006」みたいになり、タイトルも「ブログのタイトル >> 2010 >> 8月」のように表示されるということです。

これを回避し、一覧ページでも各記事ごとのタイトルとURLを反映させるには、通常のタグから少し内容を変え、かつWordPressタグを入れ込む必要があります。

具体的には下記のとおりです。

<a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="<?php the_permalink() ?>" data-text="<?php the_title(); ?>" data-count="vertical" data-via="あなたのTwitterアカウント名" data-lang="ja">Tweet</a><script type="text/javascript" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script>

「あなたのTwitterアカウント名」の部分を自分のTwitterアカウント名に変えてください。
これを、index.phpやarchive.php、search.phpなどで記事をループしている中に入れれば、その記事のツィートとして反映されます。

なお、このブログのボタンは英語バージョンですが、上記のタグではちゃんと日本語のボタンが表示されます。
なんとなくデザイン的に、私は英語の方が好きだったので英語バージョンにしてみました。

では。

TweetableをWordPressに入れたらエラーが出た。

前回の記事でブログにTwitter投稿ボタンをつけたので、せっかくだからブログを投稿した時に自動でTwitterにつぶやかれるようにしようと思い、そんな感じの便利なプラグイン「tweetable」を導入しました。

導入の仕方はけっこう面倒なのですが、こちらのブログ様が非常に分かりやすいので簡単に設定完了までできます。

というわけで設定完了し、いざ投稿してみると、エラーが出る。
こんな感じ(Warning: SimpleXMLElement::__construct()mh_twitter_class.php on line 124)のPHPエラーが出る。また、管理画面左メニューの「Tweet」をクリックしてみてもmh_twitter_class.php on line 69にエラーが表示される。

特に別のプラグインとバッティングしているわけでもなかったので、アレーと解決策を探しまわったが見つからず。

しかし、結局のところ解決は簡単でした。

設定の際に発行されたConsumer keyとSecret Keyを再発行すれば解消されます。多分。
再発行の流れは下記のとおり。

1、左メニューの「Twitter」から、「Setting」を選択。

2、ページ右上に自分のTwiiterアカウント名が表示され、その横に「Change」とあるので、選択。

3、ページ下の「continue」を選択。

4、ページ上の文章内の「this page on Twitter」を選択。Twitterが新規ページで立ち上がるので、表示されている自分のブログを選択。

5、Recet Consumer key / Secret ボタンをクリックして、キーを再発行。再発行したキーをWordPressのキー入力のところに再度コピペして登録。

これでたぶん直ります。私は直りました。直らなかったらゴメンナサイw

追記

ここまで書いてなんですけれど、Tweetableは長いタイトルの記事を投稿した場合、タイトルだけが反映されなかったりするバグが見つかったので、simple tweetというプラグインに変更しました。

そっちの方がシンプルで使いやすかったです。

では。

プロフィール

PICxPIC
1983年生まれ。2010年からiOSアプリを開発し、2012年に法人化。メディア掲載やランキング、ダウンロード数などの詳しい実績などはこちら

PICxPICのアプリ

赤ちゃんの大冒険

おさるランド

動物オーケストラ2

子どもゲームランド

おしゃべりボタン

天空までのぼれ!

ジャンプで川下り

ひよこランド

動物オーケストラ

ポコポコアニマル

キラキラお絵かき

音が出るお絵かき

あいづちん