カテゴリー: PICxPICのニュース

GarageBandで、書き出した音に余分な無音スペースができる場合の対処

マックに標準で入っている音声編集ソフト「GarageBand 」で、書き出した音に余分な無音スペースができる場合の対処を紹介します。

iphoneアプリ「Dance Sounds」を作っていたときに、GarageBand を使って短い効果音を書き出したのですが、なぜか無音が5秒くらい追加されていました。

そのときは解決をあきらめたのですが、今回新しいアプリを作成しているときに解決方法がみつかりました。
どうやら、「サイクルリージョン」なるものをいじる必要があるとのことです。

画面下のボタンから一番右の矢印みたいなアイコンをクリックすると黄色いバーが表示されるので、
そちらで保存する範囲を指定するらしいです。

Appleのサイトに書いてありました。

しかし、試したところ意外と黄色いバーの最短の長さがけっこう長いので、短い効果音ではつかえませんでした。

ふつうにSoundEngine使った方が早そうです。Mac版もありますし。

では。

無料iPadアプリ「あいづちん for iPad」がエンターテイメントで1位、総合2位になりました

■あいづちん for iPadがエンターテイメント部門で1位になりました

本日、iPad用の無料アプリ「あいづちん for iPad」がエンターテイメント部門で1位になりました!

また、総合ランキングでも2位になりました!

Gyaoや楽天動画を抜いての1位、、、感無量です。

ダウンロードはこちらから
ランキングはこちらから

ダウンロードして頂いたみなさま、本当にありがとうございます。

これからもっと楽しんでいただけるよう、アップロードや新しいアプリの制作によりいっそうがんばりますので、
今後もなにとぞよろしくお願いします。

■あいづちん for iPadで使用している音声について

あいづちん for iPadの音声は、ゲーム等に使えるフリー声素材配布ページ – あみたろの声素材工房様から使用させて頂きました。

あみたろの声素材工房さまの素材なくしてあいづちんはありえません。

あみたろ様、本当にありがとうございます。

【書評(メモ)】20代でやっておきたいこと

昨年は技術書以外をほとんど読まなかったので、これではいかんなと思い今年は週に1冊を目標に読もうと決めました。

読むだけでは意味がないので、ブログに書評と称して自分用のアウトプットメモを残していこうと思います。

さてその第一弾は「「20代」でやっておきたいこと」です。

内容としてはタイトルのとおり、若い人がなるべく早く知っておいたほうがよい知識・考え方を若干年寄り目線(?)で紹介している自己啓発本です。

各章が簡潔にまとめられているので、2時間くらいで読めると思います。
ただ、こういった自己啓発本は読んで満足しがちなので、ちゃんと実行できるように何かしらのアウトプットを残しておくと良いですね。

以下、「イイネ」と思ったことのメモです。

自分以外の人から学ぶ

【ライバルを作る】
【聞くは一時の恥。たくさん聞いてたくさん学ぼう。教えるほうも楽しい。】
【新しいことをやるときの他人の批判は、励ましと思え】
【一流の人、モノとつながる。次第に自分も一流になる】
【良い指導者に指示をあおぐ】

一人でやることで見えるものもありますが、見えないものも多いですね。やはり人が増えればその分情報量も違います。

iphoneアプリに関して、というよりもプログラムに関して身近で先輩がいないのがとても大きな問題です。
今年は積極的にiphoneアプリの勉強会に参加して、猛者たちにいろいろ教えてもらうようにしよう。

あと、新卒で入社した大手IT企業の上司を大変尊敬しているので、久々にちゃんと連絡とっていろいろ教えを乞おうっと。。。

自分の行動について

【欠点は長所の裏返し】
【一つのことを追求する】
【つまらない仕事にもベストを尽くす】
【たくさん失敗し、たくさん反省する】
【小さな成功でもいい、たくさん積み上げる】
【言われない有益なことをしてはじめて有益な人となれる】

仕事にベストを尽くし、ベスト以上のものを考えて実行しろ、ということですね。

また、失敗しても反省をまとめていなかったので、プロジェクトの終わりなどに反省をしようと思います。

あとはiphoneアプリ、ガンガン作りましょう

その他

【上司に意見をいうときのポイント】

・相手の立場に立つ
・越権行為をしない
・態度は冷静謙虚
・建設的に考える
・事実にもどづく

【時間を大切に。いま行っていることに「どれだけ意義があるか」を考える】

【目標は紙!に書き出し、期限をつける】

手帳に書き出してあるので、毎晩手帳の目標をみるようにしよう。

まとめ

ささっと読めるのに要点がまとまっているので、コスパ的にもいいですね。
個人的に一番心に残ったのが、本の最後の一文です。

なんでも良いから、可能性を信じて自分が好ましいと思う目標を持ち、目標の実現に向けて踏み出そう。
その瞬間から、あなたの人生は生きがいに満ちたものになる。

自分の感情に正直な目標をたて、イキイキしながら進みたいですね。

川北 義則
三笠書房
発売日:2010-07-31

2010年の反省と2011年の抱負

2010年も残すところあと4時間ほどになりました。

今年もいろいろあったので、2010年の振り返りと2011年の抱負をブログにまとめようと思います。

2010年の振り返り

1、1月〜7月

デザイン・コーディング・プログラムおよびウェブプロモーションの管理など、いろいろやっていた昨年に嫌気がさし、プログラム一本にしぼることを決めて作業を進めた半年間でした。

Javascriptでカンタンなアプリケーションを作ったり、CakePHPを使ってアプリケーションサイトを作ったりしたりなどをしていたのですが、結果的に「勉強」がメインのまま過ごしてしまい、「成果物」を出していないというあんまりよろしくない感じになってしまいました。
まぁ、なんか頑張っていたわりにはうまいこといかなかった半年間になってしまい、とても時間の無駄でした。

成果:Javascriptの概要理解、CakePHPの使い方理解
反省点:マジメに勉強ばかりしてしまい、成果物を残さなかった。
来年の対策:実戦に勝る修行はない、成果物こそが真の価値である。勉強は70%で切り上げ、あとは実戦で身につけるようにする。

2、8月〜11月

iphoneアプリを作るべく、Macbookを購入して勉強開始しました。
最初の1ヶ月は仕事が忙しくて放置してしまったので、実質的には9月末〜11月ですね。上半期の反省を活かして、成果を上げることに注力しました。そのおかげでアプリ2つを作業日数2日で完成しリリースできました。反面Object-Cの理解はチンプンカンプンという状態ですが、まぁ修行ばかりして何もリリースできていないよりも1000倍良いですね。

9月にあいづちん、あいづちん plus、10月にDance Sounds、Dance Sounds liteをリリースしました。

各アプリのダウンロード数は以下のとおりです。

○あいづちん
料金:無料
ダウンロード数(約3ヶ月間):約20000DL
広告:有り

○あいづちん plus
料金:有料→無料
ダウンロード数(約3ヶ月間):約6600DL(有料約200DL)
広告:有り

○Dance Sounds
料金:有料(100円)
ダウンロード数(約2ヶ月間):約120DL
広告:無し

○Dance Sounds Lite
料金:無料
ダウンロード数(約2ヶ月間):約2000DL
広告:有り

時間をかけて作ったDance Soundsシリーズよりもあいづちんシリーズの方が圧倒的にダウンロードされているのがショックでしたが、その経験で「ダウンロードされるiphoneアプリ」のノウハウをかなり得ることができました。
Admob広告を表示させるのにとても苦労しました。。。

成果:iphoneアプリ4本リリース
反省点:Object-Cの理解不足。
来年の対策:Object-Cの理解を追求し、さらに深い機能を使ったアプリをリリースする。昨年の失敗により得たノウハウを活かし、ダウンロードされるアプリを意識する

2、12月

本当は「12月中に3本iphoneアプリをリリースする」と意気込んでいたのですが、11月中旬よりある会社にてjavaを学ぶことが決まり、1ヶ月半の間javaを勉強しました。
理系からプログラマーになって第一線で働いているSEの方たちの中での勉強だったため、正直ついていくのが精一杯でした。まわりの人にとっては暗黙値の前提も私にとってはそうではなく、一からの出発に近くヒーヒーでした。

しかし、ようやくオブジェクト指向をしっかり理解できたので、非常に意義深い経験でした。
また、自分の特性というか・・・性格についても再認識できるよい機会でした。

成果:特になし
反省点:努力の不足、javaへの生理的アレルギー
来年の対策:javaはやらない。

3、1年間をとおして

前半は「勉強だけで成果なし」で、後半は「とにかく成果物を出す」という、極端な1年間でした。
しかし、実戦で学んだ知識・ノウハウは自分の血肉になるので、来年も成果物をメインの指標として取り組んでいこうと思います。

また、モチベーションを持続させるため、自分の気持ちに正直にいきつつ、80%の努力でもいいので常に努力を持続させるようにしたいです。

2011年の抱負

○健康

今年はまったく運動をしない1年でした。1回だけ空手の見学にいったんですけれど、吐きそうになったのでやめました。
海底の貝殻のような生活をしている私は激しい運動をやる前に、まずは少しずつ出来ることから始めた方がよさそうです。

 → 毎週日曜日に運動をする。スーパースポーツマンの奥さんに一緒に付き合ってもらおうっと。
 → あえて目標の数値化はなし。継続した後に目標設定。

○精神

「あんたの趣味は生き悩みやな〜」と奥さんに言われるほど、今年は生き悩んでばっかでした。
来年は悩まず怒らず、ポジティブを心がけようと思います。

 → 悩んでもポジティブ。牛乳としらす干しで余裕のある心をw
 → 自分以外の人間は関係ない。まわりの情報に精神を左右されずに行動する

○教養

最近、プログラム関連以外の本を全く読んでいなかったので、2011年はちゃんと教養を高めようと思います。

 → 1週間に1冊本を読む。アウトプットをブログに書く。

○プライベート(家庭)

 → 女性は体と感情の生き物。感情をコントロールできないときもある、ということを肝に銘じる。
 → 来年の7月に向けて早いうちから取り組む。
 → 毎朝7時置き、12時就寝
 → 2日に1回なんかしらのブログを更新

○仕事

 → iphoneアプリを年間40本リリースする。
 → 次の日の予定は必ず前日に手帳に書く
 → 次の週の予定は必ず週末に手帳に書く
 → 会社所有のiphoneアプリ10本

○お金

 → 秘密。

○来年の合い言葉

 → 一点。(一点集中、一点突破)

それではみなさま、来年も良い年でありますように。
交通事故にお気をつけて、元気に過ごしましょう。

iphoneアプリ「Dance Sounds」がサルでき公式アプリとして紹介されました

iphoneアプリ「Dance Sounds」が、「サルにもできるiPhoneアプリの作り方」で公式アプリとして紹介して頂きました。

サルにもできるiPhoneアプリの作り方は、iphoneアプリ制作の方法を
これ以上ないほどにわかりやすく説明しているブログです。

そのブログを見てiphoneアプリ作成にトライし、結果リリースしたアプリの中から一部を「サルでき公式アプリ」としてブログの中で紹介されています。

このたび私の「Dance Sounds」がサルでき公式アプリとしてご紹介して頂けました。

いつも「サルでき」を見てアプリを作成していた私にとって、こんなうれしいことはございません。
サルできの管理人さまに感謝です。

というわけで、紹介していただいている記事はこちらです。

もしあなたがこれからiphoneアプリを作ろうとしているなら、サルできは本当にオススメです。
ぜひ見てみてください。

プロフィール

PICxPIC
1983年生まれ。2010年からiOSアプリを開発し、2012年に法人化。メディア掲載やランキング、ダウンロード数などの詳しい実績などはこちら

PICxPICのアプリ

赤ちゃんの大冒険

おさるランド

動物オーケストラ2

子どもゲームランド

おしゃべりボタン

天空までのぼれ!

ジャンプで川下り

ひよこランド

動物オーケストラ

ポコポコアニマル

キラキラお絵かき

音が出るお絵かき

あいづちん