カテゴリー: iPhone関連のプログラムなど

iPhoneに入れる広告の種類について

先週末から、iPhoneアプリに入れていたAdmobの広告収入が激減しました。
調べてみると、私だけでなく他の開発者様も軒並み広告収入が減っているようで、これを機に他の広告会社へ乗り換えようとしている人も多いようです。

日本ではAdmobとAdmakerが有名ですが、広告会社はそれぞれ一長一短あるので、どこの広告を入れたらよいのか分からないことも多いと思うので、私が分かる範囲で各社の違いを紹介します。

日本の開発者がよく入れている広告

iAd

Appleが提供している広告。クリック単価が高いのが魅力だが、残念ながら日本の広告はまだ未対応。
しかし、海外ではちゃんと表示されるので、海外のユーザーがターゲットのアプリは入れてみるとよい。
ちなみに、日本では未対応だが今年中に電通と組んでリリースされるらしい。

Admob

グーグルの子会社でモバイル広告最大手。以前はドキュメント(説明書)に間違いが多く導入に手間がかかったが、2011年3月のバージョンで導入はカンタンになった。
広告表示率がとても低いのが最大の弱点。

Admaker

日本の企業が提供する広告。日本の広告は多く広告表示率が高い。
以前は管理画面がなかったり広告の内容が悪かったらしいが、今は管理画面もあり広告の内容も改善されているらしい。

どの広告を入れるべきか

海外のユーザーをターゲットにしている人は、iAdかAdmobを入れればよいと思います。初めてでよく分からない人はAdmobがオススメです。
国内のユーザーをターゲットにしている人は、Admakerを入れれば広告表示率もほぼ100%ですし安心かと思います。

すべての広告を入れ、表示する広告をWeb上で切り替える方法

上記3つから1つの広告サービスを選ぶのではなく、全ての広告を表示させることもできます。
つまり、iAdが表示されなかったらAdmobを表示し、Admobも表示されない場合はAdmakerを表示する・・・という流れです。

この機能を自分で実装することもできますが、そういった複数広告切り替えサービスを提供している企業がありますので、そちらを利用した方が早いと思います。

広告切り替えサービスを提供しているのは、現在私が知っている範囲では3つです。
Adwhirl
Admaker(2011年3月広告切り替えサービス停止)
Smadd

前述のとおり、私は今までAdmob一本で広告展開をしたせいで今回収入が激減したので、上記の切り替えサービスをアプリに組み込んでみようと思います。
私が導入するのはAdmobの子会社が提供しているAdwhirlです。
「導入がけっこう大変」とAdmakerの方はおっしゃっていたので、いろいろ手間取るかもしれませんが、その軌跡をブログで公開してこれから導入を検討している方のお役に立てれば幸いです。

というわけで、私はiAD→Admaker or Admob を実現しようと思います。
次回からはAdwhirlの導入方法についてご紹介します。

次の記事、iPhoneアプリにAdwhirlを設置してiAdとAdmobを切り替える方法はこちら

プログラムはシグナルを受信しました、と表示される。

最近、特になにもプログラム自体に大きな変化を加えていないのに、急に「プログラムはシグナルを受信しました」と
コンパイル時にエラーが出るようになった。

この現象の特徴として、

1、一度出ると何をしてもだめ。iPhoneを再起動してもクリーニングしてもPCを再起動してもだめ。
2、いきなり出る。特にプログラムに大きな修正を加えてなくてもあるときポッと出る

が挙げられる。

この現象の理由は様々あるみたいだけれど、そのうちの一つにiOS4.2.1独自のバグみたいのがある、かも、ということらしい。
http://iphone-app-developer.seesaa.net/article/171206882.html

とりあえずこの現象があると全く開発が進まなくなるため、ただいまiOS4.3にアップデート中。

なおったらまたこちらで報告します。

iphoneデスクトップへブックマーク用アイコンを表示させる方法

iphoneでは、ウェブサイトを「ブックマークに登録する」以外に、ホーム画面にアイコンとしてブックマークを設置することができます。

今回は、そのブックマークアイコンをお好きなデザインに変更する方法を紹介します。

まず、114px × 114px のアイコンを用意します。

次に、あなたのサイトのルートディレクトリ(一番上の階層ってことね)に「apple-touch-icon.png」という名前で保存します。

これだけでOK。iphoneのホームにあなたのウェブサイトを追加すると、さきほど作ったアイコンが表示されます。

itunes connectでiphoneアプリのアイコン画像を登録した時に、自動で光沢がかかる場合の対処

あけましておめでとうございます。今年も何卒よろしくお願いします。

2011年もすでに8日が経過しましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私は昨年末のよくわからない忙しさからも開放され、これからたくさんiphoneアプリを作っていこうと思います。
というわけで、2011年1発目の記事はアプリのアイコンについてです。

アイコンから光沢を消す設定

iphoneアプリやipadアプリのアイコンは、自動で光沢がかかるようになっています。

しかし、光沢がない方が良いという場合もあるので、そのときはちょっとだけ設定をいじってあげる必要があります。

○○○(あなたのアプリのプロジェクト名)-info.plistを開き、Keyの列に新しく「Icon already includes gloss effects」を追加し、右の「value」列にチェックボックスが表示されるのでチェックを入れます。

これでアイコンに光沢がかからなくなるはずです。

上記の設定をしたのに、itunes connectにアプリを申請したときに登録したアイコン画像に光沢がかかってる!という場合の対処

対処は、特にありません。

というより、上記の設定をしていればちゃんと光沢がない状態のアイコンが最終的には表示されます。

しかし、アプリを申請した直後は光沢がついた状態で表示されることがあるようです。
私の場合は「waiting for review」に変わったと同時に光沢がなくなりました。たぶんそういうシステムなんでしょうね。

では。

iphoneアプリ作るときに便利なサイトまとめ

iphoneアプリ第3弾をただいま作成中です。

約2週間前から作業開始したのですが、その途端に仕事やその他プライベートが猛烈に忙しくなり、実質2日くらいしか作業時間がとれず、ようやくデザインが完成した段階です。

さて、今回は「iphoneアプリを作りたい!でもどうすればいいの?」という方に、初めてiphoneアプリを作るときに便利なサイトをまとめたいと思います。

1、iphoneアプリの作り方を覚える!

なにはともあれまずはこのサイトです。サルにもできるiPhoneアプリの作り方

iphoneアプリ作成に必要なもの、知識、効率のよい進め方などが、これでもかというほど分かり易く説明してあります。感謝です。

2、iphoneアプリを実機に登録する!

なんとiphoneアプリは、自分のiphoneに入れるだけでもかなり手間がかかります。最初はここで泣きそうになるくらいの覚悟が必要です。
そんなあなたに、こちらのサイトを!EZ-NET 登録レポート: 開発機として使用する iPhone 実機を登録する

とりあえず書いてあるとおりにすれば問題ないはずです。

3、iphoneアプリをitunesに公開する!

さて、ようやく公開だ、あ~つかれた!と思ったとき、公開の手順も泣きそうになるくらい手間がかかります。慣れるとラクになりますが。
とりあえずこのサイトを見てやりゃあ問題ないはずです。目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

実はちょっと情報が古いので現状とは違う部分もありますが、そこらへんは調べましょう。まぁ調べなくてもノリでいけます。

4、その他

さて、なんど上記3サイトだけ見ればiphoneアプリが作れるというナイスな状況ですが、iphoneアプリには意外な落とし穴がたくさんあります。
よくひっかかる落とし穴を、というか私がひっかかった落とし穴をいくつか紹介します。

1、対応OSの部分をiphone3.0に変更しよう。

なんにも気にせずそのままリリースすると、iphone OS4の人しかダウンロードできなくなります。これは、iphoneアプリの設定で「対応OSを4.xx以上」とデフォルトでなっているからです。
これを変更するには、Xcodeのなんたら.plistの「OS」みたいに書いてあるところで、「iphone OS 3」みたいな感じのを選択できるので、そちらに変えてあげましょう。

2、日本語名のアプリは、ローカライズして英語版の情報を作ってあげよう

たとえば、「えっちなアプリ」みたいなタイトルのアプリがあるとして、アメリカに住んでいるアンダーソンさんはそれをみても「ワット?」な感じなわけです。日本語のタイトルなので。
itunes connectの設定で「manage localizations」みたいなボタンがあるので、そこで英語版のタイトルと説明文などを書いてあげましょう。

たぶん海外のitunesでは英語版のタイトルで表示される、はず。

なんか他にもたくさんあったけど、1ヶ月ぶりなので忘れてしまいました。思い出したら追記します。

というか眠くてねむくて。。。

プロフィール

PICxPIC
1983年生まれ。2010年からiOSアプリを開発し、2012年に法人化。メディア掲載やランキング、ダウンロード数などの詳しい実績などはこちら

PICxPICのアプリ

赤ちゃんの大冒険

おさるランド

動物オーケストラ2

子どもゲームランド

おしゃべりボタン

天空までのぼれ!

ジャンプで川下り

ひよこランド

動物オーケストラ

ポコポコアニマル

キラキラお絵かき

音が出るお絵かき

あいづちん