iPhoneアプリにAdwhirlを設置してiAdとAdmobを切り替える方法



2012年3月11日更新:リンクしていたブログが消滅していたため、内容を更新しました。

さて、前回の記事から少し・・・いえ、とてもとても時間があきましたが、Adwhirl設置についてのチュートリアルをようやく公開しようと思います。


ではいってみましょう。
まずAdwhirlのサイトに行きます。Adwhirlってなんじゃらほいな方は前回の記事を見ておくれやす。


Adwhirlに登録する

サイト中央の「Get Started」ボタンから新規にアカウント登録をしてください。
特に何もむずかしいことはありませんね。登録完了したらログインしてください。



あなたのアプリを登録する

ログインすると、下記のような画面が出るのでAdd applicationをクリックし、追加するiPhoneアプリの情報を入力します。



入力する項目の内容は下記の通り。
  • Name:アプリの名前
  • URL:アプリのダウンロードURL
  • Platform:iPhoneアプリかAndroidアプリかを選択(iPadは今のところ未対応)
  • Background Color:背景色。デフォルトのままでよし
  • Text Color:文字色。デフォルトのままでよし
  • Refresh Rate:広告を切り替える秒数
  • Transition Animation:広告を切り替える時のアニメーション
  • Allow Location Access:?


アプリに表示する広告会社の種類を設定する

「Add app」でアプリが登録されるのでクリック。すると下記のようにiAdやAdmobなど表示させたい広告の種類一覧が出ます。



表示させたい広告の「Ad Serving」をONにし、右の「%」に表示する割合を入力します。表示させたい広告の種類が複数ある場合、こちらの合計パーセンテージが100になるようにしないと設定完了できないのでご注意ください。

そして、それぞれの広告の行にカーソルを合わせると「Edit Setting」の文字が表示されるので、そちらをクリックしてそれぞれの広告でのそのアプリのIDを登録してください。

iAdの場合はここに表示されてるこれ。


Admobの場合はここに表示されてるこれ。


最後に「Save Chaging」をクリックして登録します。


表示させる広告の優先順位を設定する

Backfill priorityをクリックし、広告の優先順位を設定します。右の入力スペースで数字が低いほど優先度が高くなります。



AdwirlSDKをアプリに組み込む

これで基本設定はすべて完了なので、次に実際にアプリにSDKを組み込みます。

ページ右の「Dev Resources」をクリックし、「Download the latest version」から最新バージョンをダウンロードしてください。

組み込み方は、基本的にこちらの説明ページを見れば分かると思います。1~4章は、AdmobとiAdを切り替える場合はAdmobとAdwirlのファイルを突っ込んでフレームワークを追加するだけです。

具体的に説明すると、

1、AdWhirlフォルダのREAD ME以外をまるごとプロジェクトにつっこむ

2、TouchJSONフォルダをまるごとプロジェクトにつっこむ

3、フレームワークを追加する

  • AddressBook
  • AudioToolbox
  • AVFoundation
  • CoreLocation
  • libsqlite3
  • libz
  • MapKit

iAdが表示したい広告に含まれてる場合は下記のフレームワークも。

  • iAd
  • QuartzCore
  • SystemConfiguration

admobが表示したい広告に含まれてる場合は下記のフレームワークも。

  • MessageUI(2011年5月21日追加)
  • SystemConfiguration(上のiAdの項目ですでに追加してる場合は新たに追加しなくてOK)

※ムラモトタケシさま、フレームワークの間違いをご指摘ありがとうございました!
ちなみにムラモトさまの開発された素敵なiPhoneアプリたちはこちら。パンダピアノ素敵。


(3-2)、組み込まない広告ネットワークのアダプターを削除する

「AdWhirlのフォルダの中に「adapters」フォルダがあり、その中に各社ネットワークを表示するプログラムが入っています。

組み込まないものをそのまま残しておくとエラーが出るので、組み込まないものは削除してしまいましょう。

今回はiAdとAdMobの4ファイルおよびAdWhirlAdNetworkAdapter.h(これ間違って消さないように注意)の5つだけを残します。


4、Admobフォルダをまるごとつっこむ


さて、ここまでは上記に貼ったAdwhirlのサイト通りでしたが、ここからがちょっと違います。
下記のようにプログラムを変更してください。

まずヘッダーファイル(.h)にインポートを追加。あと、後で使うための定数も追加。
#import "AdWhirlView.h"
#import "AdWhirlDelegateProtocol.h"

#define GAD_SIZE_320x50     CGSizeMake(320, 50)

次にヘッダーファイル(.h)のインターフェースにデリゲートの宣言を追加し、変数とプロパティを追加
@interface SampleViewController : UIViewController<AdWhirlDelegate> {
	AdWhirlView *awView;
}
@property (nonatomic, retain) AdWhirlView *awView;

次に、実装ファイル(.m)の@implementation のあたりを下記のように変更。
@implementation SampleViewController
@synthesize awView;

- (NSString *)adWhirlApplicationKey{
	return @"ここにAdwhirl管理画面のアプリのページ上部に記載されているSDK Keyをコピペ";
}
- (UIViewController *)viewControllerForPresentingModalView{
	return self;
}

次に、viewDidLoadに下記を追加。
//adwirl----------
        self.awView = [AdWhirlView requestAdWhirlViewWithDelegate:self];
        [self.view addSubview:awView];
        
        awView.frame = CGRectMake(0.0, self.view.frame.size.height - 
                                  GAD_SIZE_320x50.height,GAD_SIZE_320x50.width, GAD_SIZE_320x50.height);
        
        awView.delegate = self;
//adwirl----------

広告を受信したタイミングでなにかアクションを起こしたい場合は下記の関数の中にプログラムを追加。

- (void)adWhirlDidReceiveAd:(AdWhirlView *)adWhirlView{
}

最後にdealloc関数の中に下記を追加。

[awView release];

おつかれさまでした!これですべて完了です

これですべての作業は完了です。Xcodeのシュミレーターで確認し、それぞれの広告が表示されれば成功です。
iAdについてはシュミレーターではテスト用の広告が表示されますが、itunes connectにアップして無事リリースされたら本物の広告が表示されるのでご安心ください。

なお、iAdは今のところ日本未対応なので日本のiPhoneでは表示されません。しかし海外のユーザーが多いアプリならば入れるメリットは大きそうです。
2012年01月19日修正
iAdも日本で開始されています。

次は、日本国内の大手スマートフォン広告であるAdmakerをAdwhirlに組み込む方法をご紹介します。記事はこちら。

それではまた。

関連する記事


Fatal error: Call to undefined function similar_posts() in /home/sites/heteml/users/p/e/n/pencoro/web/picxpic.com/wp-content/themes/neutral/single.php on line 38