アプリであそぼう。こどもも、おとなも。

HTML5のcanvas機能を使ってみた

世間を騒がせているHTML5。

HTML5とCSS3でソースを組んだことはあるのですが、実際に「HTML5らしい」アプリケーションなどをつくったことがなかったので、簡単に試してみました。
仕事の合間で15分くらいでササっと作ったのでデザインも機能も稚拙ですが。


こちらからご利用できます。Artpad。



■機能
・スクロールでブラシのサイズを変更
・色のついた四角をクリックすると、ブラシの色が変更
・保存ボタンからダウンロードされたファイルの拡張子を「png」に変更することで書いた画像をダウンロード

Canvas機能は非常に応用の効く素晴らしい機能なので、iphoneアプリと同時進行でサービスサイトを一つ立ち上げてみようと思います。
(ちなみにまだIE対応してません。)

やはり、HTML5がFlashと肩を並べ、追い抜く日も遠くないなと実感します。


私が思うに、Adobe Flashのような優れたUIのJavaScriptベースのソフトが発売され、そういった対抗馬のシェアをAdobeが無視できなくなったときにAdobeからJavaScriptベースのソフトがリリースされると推測しています。

そして、その時がAdobeがFlashによるWebリッチコンテンツ独占を諦めたときであり、HTML5とFlashの地位が逆転する瞬間なのではないか、と。



HTML5、CSS3、JavaScript、およびサーバーサイドプログラムの連携が基本になったとき、

今の制作現場の常識は通用せず、今までにない新しいアイデア、考え方、制作進行が必要になると思います。


プログレッシブ・エンハンスメントも含め、そういった変革が現場で必要になってくるのは先のことではなく、今からですね。