アプリであそぼう。こどもも、おとなも。

GarageBandで、書き出した音に余分な無音スペースができる場合の対処

マックに標準で入っている音声編集ソフト「GarageBand 」で、書き出した音に余分な無音スペースができる場合の対処を紹介します。

iphoneアプリ「Dance Sounds」を作っていたときに、GarageBand を使って短い効果音を書き出したのですが、なぜか無音が5秒くらい追加されていました。

そのときは解決をあきらめたのですが、今回新しいアプリを作成しているときに解決方法がみつかりました。
どうやら、「サイクルリージョン」なるものをいじる必要があるとのことです。

画面下のボタンから一番右の矢印みたいなアイコンをクリックすると黄色いバーが表示されるので、
そちらで保存する範囲を指定するらしいです。

Appleのサイトに書いてありました。

しかし、試したところ意外と黄色いバーの最短の長さがけっこう長いので、短い効果音ではつかえませんでした。

ふつうにSoundEngine使った方が早そうです。Mac版もありますし。

では。