大人になってからの時間の流れは、なんと早いんだろうか。

子どもの頃は1年がやたら長くて、感覚的にはいまの5年分くらい長かった気がする。

それが大人になるとどうでしょう。1ヶ月がすぎていくような感覚で1年がどんどん終わっていく。

まぁ、大人になってからの時間の感覚の方が子どものときよりも早く感じる、というのは誰でも共通することだとは思うのですが、

にしても自分の場合はちょっと早すぎる。気がする。

多分、この5年ぐらい新しいことを何もしていないのが原因だと思うんですわ。

思えば今までで、子どもが生まれてからのここ5、6年マジでなんにも動いていない気がする。

ちょっと振り返ってみよう。

2006~2007
・新卒で入った会社でボロボロになる

2007~2008
・派遣で大手自動車メーカーでちょっと働く
・なんか写真撮ったりしてそれ関連のブログや仕事をする
・3ヶ月間アメリカを西から東へ放浪する
・ITの職業訓練校へ行く
・IT企業にデザイナー兼プログラマーとして働き始める

2008~2012
・IT企業で働きながらプライベートでアプリを開発し始める
・IR企業を退社して自分のアプリ開発会社を設立する
・結婚
・大阪に引っ越す
・子どもが生まれる

2012~2018
・格闘技を始める
・格闘技を辞めてジムに行きだす
・アプリを1年に2つくらいリリースする
・2人目の子どもが生まれる

ほらやっぱり!2012年~2018年の薄さがやばすぎる。半年間の出来事みたいになってるよおい。どんなぬるい生活を送っていたんだろうか・・・。20倍に水で薄めたカルピスのよう。

1日18時間ぐらい寝ていたんだろうか?

格闘技って、週1やし。ぜんぜんまじめにやってなかったし。趣味やし。6年間でそれしかほぼ書くことないってやばすぎる。

動かないと何にも始まらないですね。とか書いたことだし、ちょっと新しいこと始めるぞ!身にならなくてもいいからとにかく動かなくては。

とりあえずバイクの中型免許とったし、GoPro買ってバイク(小型だけど)につけて、ちょっと旅しながら動画撮ってそれYouTubeに上げてみるわ。

34にしてユーチューバーとしてデビューだよ恥ずかしい。いや、恥ずかしくない!

っしゃー!とりあえず動くで~おらー!筋トレしかしてなかったらあかんでほんま。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PICxPIC

会社を経営する30代男性。iPhoneアプリをつくったりしながら毎日ぴくぴく生きてます。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

プロフィール

会社を経営する30代男性。iPhoneアプリをつくったりしながら毎日ぴくぴく生きてます。