「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください」と「お金は寝かせて増やしなさい」を読んだ感想。

インデックス投資について知りたかったので読んでみた。

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください」は、「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」のような、専門家との会話形式の本なので10分くらいで読める。

知りたかったのは「ローリスク投資の種類と概要」と「インデックス投資のおすすめ銘柄」の2点だったので、この2冊でとりあえず分かった。

まぁすぐにインデックス投資するかは分からないけれど。とりあえずコインチェックの件がひと段落するまではおとなしくしておく。

ひろゆきの「無敵の思考」を読んだ感想。

Twitterかどこかで見かけたので、2chのひろゆき氏の本を読んでみました。

内容はまぁタイトルのとおり、「考え方」とか「行動」のコツとかをカンタンに説明してる本で、パーっと読めるのでちゃんと読んでも10分くらいで読み終わるのでは。

読んでいても、私はけっこう時間的にも行動的にも自由に生活をしているからか、あんまり目新しいと感じたことはなかった。けど、例えばサラリーマンとかで毎日あれしなきゃいけないこれしなきゃいけない、みたいな生活をカツカツにしてるのに何故か貧乏、みたいな人は読んでみるとおもしろいかも、と思った。

というか、巻末で書いてあるようにひろゆき氏の会話を編集者がただまとめただけの本なので、まとまりがなくて正直あんまり内容を覚えていないw

続きを読む

コインチェックよ、やってくれたな。。。

資産と投資の割合ってどれくらいがいいのかしら。とか言ってる間にこれですよ。

コインチェックがNEMぶん盗られて、その余波で私の他のコインが出金できない有様です。

コインチェック自体には資産の5%くらいを入金していて、そのうち2.5%は海外の取引所などに移してあるので、残りの2.5%が監禁されている状態です。

続きを読む

資産と投資の割合ってどれくらいがいいのかしら。

2017年の11月くらいから仮想通貨に投資してみました。

参入がギリギリ暴騰の前だったので1月21日現在でもなんとか投資額の2〜3倍の含み益といったところです。

んで、そこから思ったのが、いま資産をほとんど銀行に預けてる状態なんだけど、これって結構危ういんじゃないしら?と感じたんですよね。

仮想通貨みたいな超ハイリスクハイリターンな投資はもういいんですけど、ローリスクな投資に資産を分散しといた方が何かと安全かな〜なんて思いました。

ちゅーわけで、これからちょいちょい投資をしてみようと思います。

とりあえずロボアドバイザーのWelthNaviとTHEOあたりに少額投資してみようと思います。

個人的に、日本はもう衰退していくしかないと感じているので、投資は海外メインでやっていこうと思います。

iPhone Xを触って感じた、今のAppleが失ってしまったもの。

Twitterで書いたんだけれど、iPhone X結局すぐに買えた。

これでアプリのアップデートも実機で確認しながらできるぜ~!と喜んでいたけれど、なんかiPhone Xを触っているとここにきてiOSが元々持っていた素晴らしさをトコトン手放してきたな、という印象を受けた。

俺が最初にiPhoneを手にしたのがたしか2009年の発売のiPhone 3GSの発売の時だったんだけれど、当時のiPhone(iOS)の一番の特徴って、「触ったことがない人でも直感だけで操作できる」ということだったと思うんだよね。

あのころ「触ったことがない人でも直感で操作」できた

たとえばロック画面を外す動作が分かりやすいけれど、画面にスイッチが表示されていて、それをスライドさせるとロックが外れる。スティーブ・ジョブズがプレゼンで操作して、会場がワッとなって「もう1回見たい?」と言ったあれですね。
単純明快で、説明がいらない。「こうしたらきっとこうなるだろう」が予想できるから、文字を読めない赤ちゃんとか幼児でもロックを外せた。

ところが今は「スライドさせてください」とかわざわざ文字で説明していたり、やり方を調べないとそもそもわかりっこない操作ばかり。「説明書いらずのiPhone」から「説明書がないと使えないiPhone」になってしまった。

iOSアプリなどで著名な方がこんなツイートしていた。

自分も似たような感じで、自分の場合はロック画面のカメラとライトのボタンを一体どうしたらいいのかさっぱり分からなかった(後にググってボタンを長押しすればいいと知る)。iPhone長年つかってる開発者が分からないってのはどうかと思う。

iOS7あたりからなんとなく、このiPhoneの直感性が失われている感はあったんだけれど(※)、なんかもうここにきて決定的になってきてる感じがする。
(※ページ変移のボタンがボタンではなく文字になったりして、今まで使えていた私の子どもが使えなくなっていた。)

コントロールセンターの出し方とかも、知らなきゃ絶対分からないし、というより分かっても使いにくいし。右上とか指届かないよ。

Appleが特別な体験を与える企業では完全になくなったような感覚をおぼえて、iPhone Xさわっててもイマイチうれしくないのでした。

iPhone Xの予約でしくじったぜ。

昨日はiPhone Xの予約開始日だった。

Windows、Mac、iPhone、iPadを用意して万全を期して準備していたと思ったのだけれど、結論から言うとしくじってしまい当日受け取れない羽目になってしまった。

原因はアップルアカウントのログインミスで、前日に新規リリースするアプリをiPhone Xデバッグしていて、その際にテストユーザーアカウントでログインしていたことをすっかり忘れていた。

このせいで注文手続きの際に弾かれてしまって、1分か2分ロスしてしまった。

でも最大のミスは、店頭受け取りじゃなくて配送にした事かなぁ。多分店頭受け取りだったら当日いけたと思うんだけれど、急いで注文してたから見過ごしてしまったんだよね。

まぁ、店頭受け取りを選択したことで逆に時間が掛かって、最終的に配送にせざるを得なくなった人もいたので、こればかりは神のみぞ知るだけれど。

iPhone Xは動作環境チェックの為にも早めに欲しいところだけれど、まぁ実際は4.7インチで表示されて上下黒帯だろうから、特に問題ないと思う。

気になるのは、iPhone Xにアプリが対応しているか否かの判断をプロジェクトのどの部分で判断をしているのか。調べてないけどこれだけ調べないと。

4インチが出たときはデフォルト画像のサイズ、4.7インチと5.5インチが出たときは確かLaunch screenが設定されているかどうかが判断基準だったような。

なんにせよ、早く欲しい!

本家サイトの更新をずっとストップしてしまっている。

雑記の方ではなく、本家のサイトの更新を長いことストップしてしまっている。

実績を更新したり、スマートフォン対応したテンプレートに変更したりといろいろやらなくちゃいけない事は多いんだけど、仕事を外部から受注したりしていないので別に見栄えとか実績とか更新しても、あんまりリターンがないんだよね。

単なる自己満。

それよりアプリのことを進める方が仕事の本質なわけで、とか考えてずーっと放置され続けているわけです。

まーあんまりテキトーなのもいかんから、今やってるアプリ出して、全てのアプリのiPhone X対応が終わったらぼちぼち更新するかな。

ベンチプレスはベンチプレスをしないと上がらないのだろうか。

ゴールドジムに通い始めてはや1年。

ゴールドジムに通うと同時にベンチプレスからマシンのチェストプレスに変えて、現在チェストプレスだと145kgくらいと6repsくらい上げれるようになった。

さすがにこれならベンチプレス100kgくらい余裕だろうと、1年ぶりにベンチプレスをやってみたら、ふつーに潰れてしまった。

なにこれ、やっぱりいくらチェストプレスやってもベンチの記録は上がらないんだろうか?

それか、なめてかかってウォームアップまったくしなかったのがいけんかったんだろうか。

ま、いっか。

多様性を認めるということ。人それぞれの価値観を知るということ。

こないだTwitterを見てたらこんなリツイートが目に入りました。

これってほんとにそうだなぁと思ったんです。そして、これっていろんなことでも言えると思うんですよ。

続きを読む