iPhone Xを触って感じた、今のAppleが失ってしまったもの。

Twitterで書いたんだけれど、iPhone X結局すぐに買えた。

これでアプリのアップデートも実機で確認しながらできるぜ~!と喜んでいたけれど、なんかiPhone Xを触っているとここにきてiOSが元々持っていた素晴らしさをトコトン手放してきたな、という印象を受けた。

俺が最初にiPhoneを手にしたのがたしか2009年の発売のiPhone 3GSの発売の時だったんだけれど、当時のiPhone(iOS)の一番の特徴って、「触ったことがない人でも直感だけで操作できる」ということだったと思うんだよね。

あのころ「触ったことがない人でも直感で操作」できた

たとえばロック画面を外す動作が分かりやすいけれど、画面にスイッチが表示されていて、それをスライドさせるとロックが外れる。スティーブ・ジョブズがプレゼンで操作して、会場がワッとなって「もう1回見たい?」と言ったあれですね。
単純明快で、説明がいらない。「こうしたらきっとこうなるだろう」が予想できるから、文字を読めない赤ちゃんとか幼児でもロックを外せた。

ところが今は「スライドさせてください」とかわざわざ文字で説明していたり、やり方を調べないとそもそもわかりっこない操作ばかり。「説明書いらずのiPhone」から「説明書がないと使えないiPhone」になってしまった。

iOSアプリなどで著名な方がこんなツイートしていた。

自分も似たような感じで、自分の場合はロック画面のカメラとライトのボタンを一体どうしたらいいのかさっぱり分からなかった(後にググってボタンを長押しすればいいと知る)。iPhone長年つかってる開発者が分からないってのはどうかと思う。

iOS7あたりからなんとなく、このiPhoneの直感性が失われている感はあったんだけれど(※)、なんかもうここにきて決定的になってきてる感じがする。
(※ページ変移のボタンがボタンではなく文字になったりして、今まで使えていた私の子どもが使えなくなっていた。)

コントロールセンターの出し方とかも、知らなきゃ絶対分からないし、というより分かっても使いにくいし。右上とか指届かないよ。

Appleが特別な体験を与える企業では完全になくなったような感覚をおぼえて、iPhone Xさわっててもイマイチうれしくないのでした。

iPhone Xの予約でしくじったぜ。

昨日はiPhone Xの予約開始日だった。

Windows、Mac、iPhone、iPadを用意して万全を期して準備していたと思ったのだけれど、結論から言うとしくじってしまい当日受け取れない羽目になってしまった。

原因はアップルアカウントのログインミスで、前日に新規リリースするアプリをiPhone Xデバッグしていて、その際にテストユーザーアカウントでログインしていたことをすっかり忘れていた。

このせいで注文手続きの際に弾かれてしまって、1分か2分ロスしてしまった。

でも最大のミスは、店頭受け取りじゃなくて配送にした事かなぁ。多分店頭受け取りだったら当日いけたと思うんだけれど、急いで注文してたから見過ごしてしまったんだよね。

まぁ、店頭受け取りを選択したことで逆に時間が掛かって、最終的に配送にせざるを得なくなった人もいたので、こればかりは神のみぞ知るだけれど。

iPhone Xは動作環境チェックの為にも早めに欲しいところだけれど、まぁ実際は4.7インチで表示されて上下黒帯だろうから、特に問題ないと思う。

気になるのは、iPhone Xにアプリが対応しているか否かの判断をプロジェクトのどの部分で判断をしているのか。調べてないけどこれだけ調べないと。

4インチが出たときはデフォルト画像のサイズ、4.7インチと5.5インチが出たときは確かLaunch screenが設定されているかどうかが判断基準だったような。

なんにせよ、早く欲しい!

本家サイトの更新をずっとストップしてしまっている。

雑記の方ではなく、本家のサイトの更新を長いことストップしてしまっている。

実績を更新したり、スマートフォン対応したテンプレートに変更したりといろいろやらなくちゃいけない事は多いんだけど、仕事を外部から受注したりしていないので別に見栄えとか実績とか更新しても、あんまりリターンがないんだよね。

単なる自己満。

それよりアプリのことを進める方が仕事の本質なわけで、とか考えてずーっと放置され続けているわけです。

まーあんまりテキトーなのもいかんから、今やってるアプリ出して、全てのアプリのiPhone X対応が終わったらぼちぼち更新するかな。

ベンチプレスはベンチプレスをしないと上がらないのだろうか。

ゴールドジムに通い始めてはや1年。

ゴールドジムに通うと同時にベンチプレスからマシンのチェストプレスに変えて、現在チェストプレスだと145kgくらいと6repsくらい上げれるようになった。

さすがにこれならベンチプレス100kgくらい余裕だろうと、1年ぶりにベンチプレスをやってみたら、ふつーに潰れてしまった。

なにこれ、やっぱりいくらチェストプレスやってもベンチの記録は上がらないんだろうか?

それか、なめてかかってウォームアップまったくしなかったのがいけんかったんだろうか。

ま、いっか。

多様性を認めるということ。人それぞれの価値観を知るということ。

こないだTwitterを見てたらこんなリツイートが目に入りました。

これってほんとにそうだなぁと思ったんです。そして、これっていろんなことでも言えると思うんですよ。

続きを読む

一ヶ月で6キロ痩せたぞ!

ケトジェニックダイエットをまぁまぁ頑張って、一ヶ月で87.8キロから82キロまで痩せました。

筋肉量を計れる体重計を持ってるのでそれで計ったところ、筋肉量はそこまで減ってないのでまぁ成功といえるでしょう。

筋力も、例えばチェストプレスが142.5キロを5repsくらいでやってたのが140キロを4repsくらいになった程度だったので、めちゃくちゃ落ちたってわけではないと思う。

ただ、またブクブクと太ってはいけないので、ある程度食事なりプロテインなりは抑えめにした方がよさそう。

ちなみに87.8キロになった時は二ヶ月で8キロ太った。急激すぎる。ほぼ脂肪。

増えたとしても一ヶ月に1キロくらいが丁度いい気がする。

今年は背中と肩を大きくしたい。

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」を読んだ感想。

読んだといってもザーッと速読しただけなんですが。

本内容としては、「当時低迷中のUSJは何か問題だったか、そしてそれをいかに改善していったか」という話。それをマーケティングの基礎的な考えを説明しながら説いていくというもの。
マーケティングの重要なポイントが網羅されていていい本だなと思いました。

それと同時に、自分で企画とかをゼロからやってサービスを回した経験がない人(特にマーケティング志望の新卒など)がこういったマーケティングの本を読んで「こうすればいいんだ」とテクニックだけをなぞるように仕事をするのも、ちょっと危険かな~なんて感じたりも。

続きを読む

abemaTVの亀田興毅vs一般人を見て思ったこと。

昨日abemaTVで行われた「亀田興毅に勝ったら1000万円」という番組で、亀田興毅元世界チャンピオン(既に引退済み)が一般人4人とボクシングルールで戦い、見事全勝していました。

それぞれの試合結果を見てみると、

1試合目:ホストの人に1R TKO
2試合目:ボクシング4年経験ありのユーチューバーに3R TKO
3試合目:なにか運動してる高校教師に2R TKO
4試合目:元暴走族の総長(総合格闘技のセミプロ)に時間切れで勝利

という感じでした。

続きを読む

新桃太郎伝説8週目くらいの感想。

33歳になった今、あの頃のようにまたカルラをぶっ殺して来ました。

子供の時は知らなかった要素などもいくつか体験して大満足だけど、大人になった今だから気付くこともいくつかあったのでちょっと買いてみます。

船を手に入れてからクリアまでが短い

なんか、いつも新桃のことを思い出すと、記憶が希望の都周辺で途切れているんですよね。

もちろん風神に飛ばされたり、その後のサルカニとか羅生門とか海底とか七夕の村とか要所要所覚えてるんだけど、いまいち繋がりがない。

此度の冒険でその理由が分かりましたよ。本当に繋がりがないだけでした。

つまり、船を手に入れた後はゲームとしてのルートはほとんどなく、いくつかあるタスクをどれでも好きな順番にこなして、終わったら奈落の底に行きましょう、という感じなんですね。

だから、物語の流れとしてはあんまり繋がってないから記憶にない、という感じ。

続きを読む